自分が当事者ならどうする?親の延命について悩む声多数

ニュース

自分が当事者なら…親の延命について悩む声多数

延命治療とは、病気の回復ではなく延命を目的とした治療のことで、主に人工呼吸・人工栄養・人工透析を指します。

【専門家が回答】親の終末期|延命治療の意思を確認すべき?

団塊の世代800万人が75歳以上になる2025年以降、親の介護や看取りに直面する家族はいっそう増えるだろう。

「親の延命治療」に苦悩した人の偽らざる本音

入院からおよそ半月後に医師から経口摂取不可との診断がなされ…

今後は何かしらの延命治療をするか、何もせず、そう長くない期間で訪れるであろう死を待つかの判断をしなければならなくなった。

突然訪れる「親の延命」の選択 「看取り期」から元気に数年生きる例も〈週刊朝日〉

延命を選択した後の母の一言

「もう少し生きていてほしいので腕から栄養を入れたいと思っている。延命になるけど、いいかな」

突然訪れる「親の延命」の選択 「看取り期」から元気に数年生きる例も〈週刊朝日〉

「いいわよ、したいなら」

突然訪れる「親の延命」の選択 「看取り期」から元気に数年生きる例も〈週刊朝日〉

延命を選択し、現在は腕につながれた管から通る栄養で命を繋いでいるという。

自宅で家族と出来る人間ドック

誰しもが直面する可能性がある延命措置

延命についての確認は、親の意思を尊重するためにも極めて重要です。また、延命治療が始まると中止することは容易ではありません。

【専門家が回答】親の終末期|延命治療の意思を確認すべき?

延命する・しないに関わらず、延命する意味を明確化し問題点を事前に把握することをお勧めいたします。

【専門家が回答】親の終末期|延命治療の意思を確認すべき?

ACPに詳しい神戸大学の木澤義之特命教授は、「健康なときは本人の意識も変わる。そのため、まず聞いておくといいのは価値観や人生観といった、病気になってからでも元気なときと大きく変わらないこと」と解説する。

「親の延命治療」に苦悩した人の偽らざる本音

誰にでもこの状況に直面する可能性はあるので、家族と会ったときにこういう話をすることも大切なのかもしれない。

これに対しネットからは様々な声

コメント

タイトルとURLをコピーしました