「漢字読めません」日本の識字率は本当にほぼ100%なの?不登校児が年々増加傾向の理由も

ネットで話題

日本の識字率ほぼ100%は幻想だった?

ピックアップ
1: はな ★ 2023/06/15(木) 17:39:03.21 ID:9z8+URYv9
「漢字が読めない」日本の識字率ほぼ100%は幻想か 見過ごされてきた「形式卒業者」の存在、注目集める夜間中学

日本では憲法で教育を受ける権利が保障されていて、ほぼ全ての人が中学校を卒業している。「文部科学統計要覧」によると、統計が始まった1948年から義務教育の就学率は99%台で推移し、2022年も99・96%だった。

しかし、学校関係者の間で長年認識されながらも見過ごされてきた「形式卒業者」の存在が近年、クローズアップされている。病欠や不登校などで学校に十分通えず形式的に中学を卒業した人を指す。自身に卒業したとの認識がない人ですら一定数いるとされる。
 

今や中学生の二十数人に1人が不登校と言われる時代。義務教育が十分に受けられなかったことで基礎学力が足りず、抱えることになる生活上の不便は想像以上に深刻だ。読み書きに不安を持つ人々が学び直す場としての夜間中学が、今再び注目されている。(共同通信=浦郷遼太郎)

▽切符が買えない

岡山市の井上健司さん(38)は今も読み書きに不安がある。漢字が読めず、電車の切符が買えない。住所の漢字も覚えられず、30歳過ぎまでメモを持ち歩いていた。

「5の段」が覚えられなかった。小学3年の時、九九が覚えられずに先生に怒られ、友人と2人で居残りさせられたことを今も鮮明に覚えている。同じ時期に友人トラブルも重なって学校が嫌になり、不登校になった。遺伝性の糖尿病も発症し、退院した後も学校にはほとんど行けなかった。かといって家で勉強を教えてくれる人もいない。入退院を繰り返し、テレビアニメを見て過ごす日々が卒業まで続いた。


中学入学後も不登校は続いたが、友人に誘われ3年の1年間は通った。ただ、1年ごとの学習の積み上げがないままでは、授業の内容はちんぷんかんぷんだった。友人とたわいもない話をして過ごす学校生活は楽しく、そのまま通い続けたが、受け取った卒業証書に実感は湧かなかった。


※全文はリンク先で
https://news.yahoo.co.jp/articles/6e7d296e360b3629a66d70c05a8549a2bc14627c

不登校児は年々増加傾向に…

不登校の子ども自体は、文科省が統計をとり始めた1966年以前も存在していたのですが、不登校の子どもの多くが、無理やり学校に連れていかれていました。

近年不登校の子どもの数が増えているのは、「このまま学校に行かせてしまうと、もっとひどいことになる」という認識が、学校や家庭の間で広がったことが理由

不登校児が増加しているもう1つの理由は、「学校が息苦しい場所になってきている」ことです。もちろん通っている学校や担任の先生によって程度は異なりますが、年々学校の規範意識が強くなってきている

これに対するネットの反応

923: ウィズコロナの名無しさん 2023/06/15(木) 20:19:29.43 ID:xikWDiM40
YouTube見てると てにをは をマトモに使えてる奴が殆どいない事実に恐怖すら覚える

932: ウィズコロナの名無しさん 2023/06/15(木) 20:21:19.36 ID:g2FLQl2y0
ちょっと登場人物が多い記事になると混乱する連中が想像以上に多い

945: ウィズコロナの名無しさん 2023/06/15(木) 20:22:48.48 ID:Qzk+IFNX0
識字率までいかなくても、文章をきちんと読めない
障害をもっている人は全人口の3分の1ぐらいいると思う。
あくまで自分の感覚だけど。麻生太郎もそうだよね。

YouTubeの解説動画とかが流行るのもそのせい。
読んだら5分しかかからないのに、わざわざ30分の
動画を視聴する手合い。

子供の時から分からない漢字や熟語を調べずに
読み飛ばしてきたから、大人になっても読むのが
苦痛になってる。

「全部読みました!」とか言っても、飛ばし飛ばしなんで
中身をきちんと把握できない。当然、そういう奴は
仕事では使い物にならない。

946: ウィズコロナの名無しさん 2023/06/15(木) 20:22:53.35 ID:TJSQAust0
最近の子供の名前も読めないからね
親が進んで読めない名前を付けたがるから

947: ウィズコロナの名無しさん 2023/06/15(木) 20:22:58.06 ID:du0WGrgJ0
てにをははネットメディアや新聞社なんかもダメだったりするからもう手遅れだよ

✅こちらの記事もおすすめ

当サイトでは他まとめサイトの新着記事なども閲覧いただけるよう連携しています。
気になる記事がありましたらぜひ閲覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました